留学の目的

留学の目的とその後

留学の目的はその後それをどう生かすのか

留学をする目的は人により様々ですが、海外へ行き何を成し遂げたいのか、その経験をどう生かすのかを考える必要があります。
それぞれに目標があり、その目標により留学の仕方や期間も変わってきます。
まず、小中学生が夏休み等を利用して参加する短期留学があります。
これは、海外の生活体験や語学研修を目的としたサマースクールや、スポーツキャンプなど、幅広いプログラムが用意されており、旅行感覚で参加できます。

 

高校生では 、生活体験目的の交換留学が一般的です。

 

大学生になると、海外の優れた研究者や組織の中で最先端の知識に触れ、学位取得を目的とした長期的なものや、専攻分野を勉強し、帰国後に単位認定を受ける派遣留学があります。
また、グローバル社会に向け語学の勉強や、職業研修として海外の企業で一定期間働き社会経験を積む、海外インターンシップ制度もあります。

 

他にも海外青年協力隊や国際ボランティア計画などに参加して、海外での社会貢献に協力したいという目標がある人もいると思います。
留学は、海外での学生生活の中で、その国の言葉や文化を経験する事により、広い視野と価値観を持って物を見る事が可能になるというメリットがありますが、目的意識をしっかり持ち、その目標に適した国や期間を決める事が大切です。

 

トップページへ

ホーム RSS購読 サイトマップ